DEEP MIYAKO

オーバーツーリズムの宮古島より

空が割れた日 <その1>

2007年8月16日 19時頃

 

私はよく夕日を見に行くお気に入りの海辺にいた。

 

遠くに糸のように伸びる岬、さらにその切れ目の向こうに、

 

水面を這うように平らな島影が見える、静かな入り江。

 

f:id:rikumi61:20200129214451j:plain

 

鏡のように広がる浅瀬が外海へとつながり

 

さえぎるものがないため頭の上の半球は全部、空。

 

訪れる人もまばらで、海を渡る風が何にもさえぎらることなく縦横に吹き渡る。

 

そんな心身ともに開放される非日常の空間に車を止め、

 

モスバーガーのカフェラテをかたわらに

 

本を読んだり、移り行く空や雲の様子を写真に撮るのが

 

週末の楽しみだった。

 

その日もそんないつもの夕暮れになるはずだった。

 

が、その日の空は違っていた。。。